漢塾(otokojuku)~人生日々精進
By 入江俊介 Follow | Public

”人間的成長”というテーマのもと試行錯誤する会
『何のために働くのか?』『自分の使命とは何か?』を探るために、
ゲストをお招きして人生観やキャリア論を聴いたり、
経営、マーケティング、営業といったビジネスに関する自己研鑽の集いを行ったり、
哲学、世界史、日本史、文化、宗教といったリベラルアーツ的な横道にも逸れつつ
いろいろやっていく会です。



【主催者について】
大学卒業後、大学院に進み、就職後も、いろいろな勉強会に参加する中で、知ること、深く突き詰めることが趣味であることを発見する。
好きな堂々巡りは『ヒトはなぜ生きるのか?』、派生系として『生きる意味で幸せとは何か?』『仕事における人生の意味とは何か?』など。

【主催者の好きな本のジャンル】
<経営学>    『ストーリーとしての競争戦略』(楠木建 著)
<営業>     『営業は「質問」で決まる!』(青木毅 著)
<哲学>     『哲学のモノサシ』(西研 (著) 川村易(イラスト)NHK出版)
         『チームの力:構造構成主義による”新”組織論』(西條剛央 著 ちくま新書)
         『自分をいかして生きる』(西村佳哲(著)ちくま文庫)
         『フランス革命についての省察 保守主義の父かく語りき』(エドマンド・バーグ著)
         『離脱・発言・忠誠 企業、組織、国家における衰退への反応』(A.O.ハーシュマン 著 )
〈サイエンス〉  『性と進化の秘密~思考する細胞たち』 (団まりな 著 角川ソフィア文庫)
         『フェルマーの最終定理』 (サイモン・シン 著 新潮文庫)
         『生物と無生物のあいだ』 (福岡信一 著 講談社現代新書)
<歴史>     『歴史入門』(フェルナン・ブローデル(著) 中公文庫)
<歴史小説>   『死ぬことと見つけたり』(隆慶一郎(著) 新潮文庫)   
<小説>     『存在の耐えられない軽さ』(ミラン・クンデラ (著),千野栄一(訳)集英社文庫)
<金融小説>   『リーマン・ショック・コンフィデンシャル』(アンドリュー・ロス・ソーキン著)
         『ブーメラン 欧州から危機が返ってくる』(マイケル・ルイス(著)文春文庫)
         『ハゲタカ』(真山仁(著)講談社文...

Announcements
  • 2017/08/10

    昨日は、ジャーナリストの小野田さんを招いての勉強会でした。 業界の異なる人の話は新鮮だったようで、参加された方も興味津々でした。 その中でも「スクープを連発する情報の集め方」は我々営業マンも非常に参考になる部分がありました。 特にジャーナリストの方の格言 情... read more 昨日は、ジャーナリストの小野田さんを招いての勉強会でした。 業界の異なる人の話は新鮮だったようで、参加された方も興味津々でした。 その中でも「スクープを連発する情報の集め方」は我々営業マンも非常に参考になる部分がありました。 特にジャーナリストの方の格言 情報を取得する最良の方法。 金との交換は下なり。 権力との交換は中なり。 情報と情報の等価交換が上なり。 やはり情報を渡される側が、また別の機会に渡してくれた側にメリットのある情報を流す事で、長期的な情報をやりとりする関係が構築されていくという話は、職種、業界問わず普遍的なものなのかなと思いました。 ご多忙ななか小野田さん、ありがとうございました! show less

Comments